ブログはじめました。

こんにちわ。小山コータローです。

ここ1年ちょい、ほぼ毎日4コマ漫画をツイッターにアップしてます。そもそも、僕がなぜ4コマを描いてるかといえば、アニメ化もした、かの有名な漫画「だがしかし」が好きで原画展を見に行ったことが運の尽きでした。

こんな素晴らしいイラストが描けるようになりたい。そんな純粋な思いで始めたのもつかの間、コミチ(当時コルクブックス)という怪しげなサイトが始動しました。

コルクブックスとは、超絶悶絶編集者であった佐渡島さんが代表を務めるコルクという出版社が、この世の漫画を溶かして作った特殊な培養液から「萬田大作(語呂が 漫画大好き とかなり近い)」という漫画妖怪を生み出し、代表を務めさせ「これからの時代を作る漫画家たちとともに育っていく」的な雰囲気の漫画投稿サイトとしてスタートしました。

そんな甘い雰囲気に誘われた僕は、イラストを描き始めてまだ1か月くらいにもかかわらず漫画を投稿し始めました。

人間もかけない、コマ割りもできない僕が生み出したのが「図形家族」という4コマでした。四角のパパ、三角のママ、まん丸の子供だけが登場するものです。

僕のワガママによって生み出された4コマは、なぜか超絶悶絶漫画家のこしのりょう先生(代表作:ナースあおい)がとてもほめてくれました。今思えば、僕はかわいいので身体が目的だったのかもしれません。

そんなこともつゆ知らず僕はとてもうれしくなり、毎日投稿しました。そしてそろそろ人間をかけるようにならないとなという決心をして、今のスタイルになったのです。

その後、スマブラプレイヤーのkeptさんの個人スポンサーになったり、いろいろしてるうちにツイッターのフォロワーが3000人を超えました。

この数字は異常で、僕のフォロワー全員がイナバの物置に乗ると一瞬でスクラップになってしまうのです。

言い忘れましたが、コミチには今の僕を作ってくれた恩があるので必ず恩返しをします。コミチ発の4コマ億万長者になるのが一番ですが、無理そうだったら雪降る夜にロン毛ヅラをかぶって、萬田さんの家におしかけ「あの時助けていただいた漫画です」と言いながら奥の部屋で製本しようかと思います。

これからはこちらにも4コマをためていきますので、よろしくお願いいたします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中